バンコク|「Nam Nam Pasta&Tapas」本屋の中で食べる人気店のもちもち生パスタ

イタリアン

Nam Nam Pasta&Tapasはペッブリー通りに本店を置くパスタ屋さん。

先日スクンビット49にもオープンした同店はもちもちの生パスタがウリのお店です。

今回はセントラルエンバシー6階のオープンハウスにある店舗をご紹介します。

Nam Nam Pasta&Tapasの場所

Nam Nam Pasta&Tapasはセントラルエンバシー6階のOPEN HOUSE(オープンハウス)という本屋さんの一画にお店があります。

最寄り駅はBTSプルンチット駅で、徒歩5分くらい。

駅からスカイウォーク直結ですので、雨の日でもアクセス楽々です。

お店はオープンハウス内の中央より少し駅寄りの位置にありますので、エスカレーターで上がる際はスカイウォークが繋がっている側の入り口に近い方のエスカレーターを使った方がわかりやすいです。

Open House店は本に囲まれた開放的なスペース

Nam Nam Pasta&Tapasをご紹介する前に、Open Houseについてもご紹介したい!

高級ブランドが軒を連ねるセントラルエンバシー6階部分にあるオープンハウスは、1フロア全体に本や文房具、画材などを売るが点々としていて、フロア内を自由に行き来しながらお買い物を楽しめます。

壁際にずらりと並ぶ本は、まさに圧巻!じっくりと吟味していたら時間を忘れてしまいそうです。

入り組んだお店をあっちこっち見て回るのは、なんだか探検しているみたいで面白い!

こんなに素敵な画材売り場もありました。

アーティストの方は創作意欲が湧いてきそうな、自由で開放的なスペースになっています。

Nam Nam Pasta&Tapasの他にも人気イタリアンのペッピーナ、お寿司やオイスターのお店などがフードコートのようなスタイルで出店しており、それぞれのお店を仕切る壁や柵はありません。

このずらりと並んだ本や雑貨達に囲まれながら食事ができる、少し面白い空間です。

Nam Nam Pasta&Tapasのメニュー

メニューはこちらからご覧ください。

パスタとタパスのお店なのですが、この日はタパスのほとんどが品切れになっていました。マスキングテープにかなり年季がはいっていたので、もしかすると基本的に品切れなのかもしれません。

写真付きのメニューはQRから確認もできます。

麺はショーケースに入ったものから好きなタイプを選べますし、店員さんにおすすめを聞くこともできます。

席に着くと、テーブルセットがオープンハウス仕様。かわいい。

この日は2名で訪れたので、パスタを2種類注文して分けて食べる事にしました。

一つ目はペスト(バジルソース)のベーコン。麺はスパゲッティです。

バジルの味がしっかりとしていて、バジル好きにはたまらない濃さでした。

てかこのお皿もオープンハウス仕様なんです。めっちゃかわいくないですか?

二つ目はトマトシーフード。こちらもスパゲッティをチョイス。(置きに行った)

こちらはトマトの酸味が爽やかで、上にこれでもかとかかったチーズとのバランスが良かったです。

どちらも濃いめの味付けを選んでしまったので、かなりコッテリしましたが、もちもちとした生パスタの食感が面白く、なんだかパスタとは別の食べ物を食べている様な、新鮮な気持ちになりました。

どちらも美味しかったです!ごちそうさまでした!

基本情報

店名Nam Nam Pasta&Tapas
住所Level 6, Central Embassy, 1031 Phloen Chit Rd, Khwaeng Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
電話番号02-119-7777
営業時間10:00-22:00
定休日なし
最寄り駅BTS プルンチット駅から徒歩5分
HPhttps://www.namnampasta.com/

まとめ

今回はセントラルエンバシー「Open House(オープンハウス)」内にある生パスタのお店「Nam Nam Pasta&Tapas」をご紹介しました。

もちもち生パスタの食感が良く、他の種類も食べてみたいなと興味津々です。

ソースももちろん美味しくて、満足度の高いお店だなと実感。

お値段も高すぎないし、人気の理由がわかる味でした!

タイトルとURLをコピーしました