バンコク|「SONG FA bak kut teh(ソンファ・バクテー)」シンガポールの名店の味をバンコクで

その他の異国料理

シンガポール旅行で食べて以来、その味の虜になっているバクテー。

つい先日セントラルワールドで食事をする機会があったので、少し前から行きたくて行きたくたまらなかったバクテーのお店「SONG FA bak kut teh(ソンファ・バクテー)」へ行ってきました!

という事で今回はシンガポールの有名店「SONG FA bak kut teh(ソンファ・バクテー)」をご紹介します。

バクテーってどんな料理?

タイではあまり馴染みのないバクテーってそもそもどんな料理なのでしょう?ウィキペディアさんに聞いてみました。

肉骨茶(バクテー、パクテー)はマレーシアのスープ料理である。

ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いる生薬と中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供され、白米にスープを掛けながら食べる。刻み生ニンニク・刻み青唐辛子を好みに応じつけたり、スープに入れる。油条(中国式の揚げパン)を切ったものをスープに浸して食べる。Thick Soy Sauceと呼ばれる甘口のどろっとした中国醤油を提供する店が多い。

外食として朝食や昼食で食べられることが多く、現地ではファーストフードのひとつであるが、その他の地域では薬膳料理としても紹介されている。 

Wikipediaより抜粋

つまり、豚肉をスパイスと中国醤油、ニンニクなどと一緒に煮込んだスープで、お米と一緒に食べる料理です。

マレーシアやシンガポールで主に食べられていますが、ベースは中華料理っぽいですね。

タイでもバクテーを出すお店は少なからずありますが、ふらっと気軽に食べに行ける料理でもないような印象があります。

SONG FA bak kut teh(ソンファ・バクテー)ってどんなお店?

さて、バクテーがどんな料理かわかったところで、次は今回訪れたソンファについてご紹介します。

SONG FA bak kut tehは、1969年にシンガポールの小さな屋台から始まったお店です。

シンガポール国内には13店舗を展開していて、2016年~2019年の間、ミシュランビブグルマンを4年連続で受賞している、シンガポールの人ならだれでも知っているような超有名店です。

シンガポール以外にもインドネシア、中国、台湾、そしてタイに進出していて、バンコクには3店舗を構えています。

今回はセントラルワールド店を訪れましたが、その他にセントラルエンバシー店とメガバンナー店があるようです。

SONG FA bak kut teh(ソンファ・バクテー)のメニュー

SONG FAのメニューはもちろんバクテー。

ですが、一般的な骨付きの豚肉のもの以外に、内臓系など様々な種類がありました。

また、スープだけでなく麺料理や野菜系の一品料理いくつかありました。

メニューをパラパラとめくって少しばかり目移りはしましたが、やはり今日はシグニチャーメニュ―をチョイス。

サイズは大と小がありましたが、腹ペコだったので大にしました。そしてご飯もセットで注文。

出てきたのがこちら。器から飛び出しそうなお肉が迫力満点です。

大はお肉が3つも入ってきました。小は多分2つなのでしょう。

スープは無くなってきたら注ぎに来てくれます。初めのスープより注がれたスープの方が熱々で美味しかった。

肝心のお味はもちろん美味しかった!

コショウがかなり効いていて、ずっと食べていると辛くなってくるのですが、ご飯と一緒にまぜまぜしながら食べるのが良い感じでした。コショウの向こう側に甘めの醤油の優しさも感じる…。

ただ、スープは何回でも注ぎに来てくれるし、途中からちょっと辛くなってくるので、小でも良かったかな?とも思いました。

SONG FA bak kut teh(ソンファ・バクテー)の店内

SONG FAセントラルワールド店は奥行きもあり、席数は結構多いように感じました。

この日は入り口近くの席に案内されたので奥までじっくり見る事は出来ませんでしたが、カウンター席もあったので、グループでも一人でも気兼ねなく入れそうな雰囲気でした。

出窓のようなデザインは創業当時の屋台の雰囲気を出しているようです。

ちなみに今気が付きましたが、等間隔に設置された手洗い場がかわいいですね!多分お肉を食べたら手が汚れちゃうので、このようなものを付けているのでしょう。(我々は最初に出されたおしぼりで乗り切った。笑)

基本情報

  • 住所:4 Ratchaprasong Road, Pathum Wan, Pathum Wan District, Bangkok 10330
  • 電話番号:02-252-0520
  • 営業時間:11:00~21:00

まとめ

今回はシンガポールの有名店「SONG FA bak kut teh(ソンファ・バクテー)」のセントラルワールド店をご紹介しました。

コショウ辛いなとは思ったんですが、何でしょうね、癖になる味なんです。これ書いてると思いだしちゃってまた食べたいです。笑

1人でも入りやすそうなお店だったので、またいずれ一人で食べに行くと思います。

また、バンコクでバクテー出してる屋台もあれば行ってみたいな~なんて思います。

ちなみにウドムスックのカイシンディムサムというお店も、バクテーが美味しいと有名です。こちらも昔よく行ったのですが、点心ばかりでバクテーは食べた事がないんですよね。

バンコク|ウドムスックの「KAIXIN DIMSUM(カイシン・ディムサム)」で安くて美味しい点心を食べる
KAIXIN DIMUSUM(カイシン・ディムサム)はウドムスック駅近くにある点心屋さんです。色とりどりで可愛らしい点心はどれも美味しくて、価格もリーズナブル!バクテーも人気のお店で、ランチにもディナーにもおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました