毎日食べたい!バンコクのおすすめコンビニアイス!

コンビニグルメ

暑い日に食べたくなるのはアイス!バンコクは一年中暑いので一年を通してアイスのベストシーズンです。

ジャイアントコーンやパリッテなど、日本でお馴染みのアイスも流通しているし、値段が安いのでついつい暑い日の帰り道に食べながら帰っっちゃうんですよね。

今回は私が今気に入っているコンビニアイスをご紹介します。

タイのコンビニアイスの値段はいくら?

コンビニで買えるアイスの値段はピンキリですが、安くて10バーツ、高くても40バーツくらいまでです。

日本でもおなじみのジャイアントコーンは30バーツなのですが、場所によっては15バーツのミニサイズも売っています◎

ちなみにみんな大好きハーゲンダッツは99バーツなので日本とあまり変わらないのですが、タイの方々にも人気で、大きなコンビニやスーパーへ行くとハーゲンダッツ専用冷凍庫があったりします。

コンビニで買えるおすすめアイス

それでは、わたしのよく食べるお気に入りのアイスをご紹介します。
おすすめの中にジャイアントコーンも入れたいのですが、日本でもおなじみのアイスなので今回は割愛します。

おそらく日本で買えないであろう2種類のアイスをご紹介しますね。

ICE CREAM SANDWICH THAI TEA & MILK

タイらしく、タイティー味のアイスクリームです。

シットリとしたクッキー生地にタイティーとミルク2種類の味のアイスが挟んであります。

すこしモタッとした味なのでたくさん食べられないのですが、小さなサイズでしっかりと満足感を得る事ができます。

同じシリーズでチョコ&ミルクもあるのですが、私はタイティー&ミルクの方が好きです。

クッキー生地に印字されたよくわからない漫画もかわいい。

価格は20バーツ

OREOの棒アイス

OREOのアイスは色々と種類があるので一通り試したのですが、これがダントツでおいしい!

オレオが混ざったクッキークリームアイスの外側をコーティングするオレオ生地に少し塩味?が効いていて、「甘い」と「しょっぱい」のコントラストを楽しむことが出来ます。

塩ちんすこうとか塩キャラメルとか甘じょっぱい系が好きな人は絶対好きだと思います。同じ種類でチョコミント味もあります。

コーティングのザクザク食感がたまりません。

価格は30バーツとちょっぴりお高め。

オレオのアイスはクッキーサンドのものもよく見かけるのですが、そちらは個人的には微妙でした。

おすすめコンビニアイスまとめ

今回はおすすめのコンビニアイスをご紹介しました。

マンゴー味とかパッションフルーツ味とか、もっとタイらしいフレーバーを期待して読んでくださった方、ごめんなさい。笑

他にもキットカットのアイスとか、雪見大福みたいなお餅アイスとかお気に入りが色々あるのですが、恐らく今回ご紹介した2種類が一番よく食べているアイスなので、2つに絞ってご紹介しました。

TOPTENっていう安くて美味しいチョココーティングアイスも好きです。

タイトルとURLをコピーしました