バンコク|トンロー「のぶ屋」もちもち自家製生麺と元気の出る魚介系スープのラーメン店

ラーメン・うどん・そば

ラーメンはあまり興味がなく食べに行く機会が少ないのですが、最近気になるラーメン屋が多い!

これはひとつずつ潰していかなきゃいけないなあと思い、先日ずっと気になっていたトンローのラーメン屋のひとつである「のぶ屋」へ行ってきました!

今日は自家製生麺「のぶ屋」について詳しくご紹介していきますね。

自家製生麺「のぶ屋」の場所

のぶ屋は、トンロー通り(スクンビット・ソイ55)のソイ2の少し手前にあります。

オープン直後話題となった韓国風居酒屋「辛々(からがら)」の1階部分に位置していて、ソイ2の角にあるFifth Fifth Thonglorという商業施設の少し手前です。

BTSのトンロー駅からは歩いて約5分程。

トンロー通りのかなりスクンビット通り寄りにあるので、歩いてもアクセスしやすい立地が嬉しいです。

自家製生麺「のぶ屋」のメニュー

のぶ屋のメニューはこんな感じ。

塩、ゆず、醤油、豚骨など種類が豊富で、ほぼ全てが魚介ベースになっています。辛々ホルモン味噌なるメニューもあるので、2階の辛々の系列なのだろうなと察し。

今回は特製魚介ゆずラーメンと、ニンニク炒飯をオーダー。同行者は塩ラーメンを選んでいました。

出てきたのがこちら。

水菜が爽やかな感じ。味は思ったよりもコッテリめでしたが、魚介スープの味が良く、柚子の風味もしっかり効いていました。

同行者の塩ラーメンはこちら。こちらも少々コッテリめだったようです。

麺は太麺。個人的に塩系のラーメンは細麺が好きですが、太麺でも悪くなかったです。細麺だったら好きになってたわバカ!

そしてニンニク炒飯。これは普通でしたが、ニンニクみが結構すごかったです。

 

自家製生麺「のぶ屋」の店内

店内はテーブル席が二つとカウンター席がありました。

この日は平日の22時頃と少し遅かったので、お客さんは私たち以外にタイ人の女子グループしかいませんでした。

ビールケースに座る雑多な感じ、なかなか親近感が沸きますねえ。

カウンターもあるので、一人でフラッと立ち寄りやすい雰囲気かなあと思いました。

店員さんは全員タイ人だったのですが、1人だけちょこっと日本語が話せる方が居て、注文を取ったり、簡単に味の説明をしてくれたりと、大変親切な方でした。

基本情報

  • 住所:64 Sukhumvit 55 Khwaeng Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
  • 電話番号:095-395-6649
  • 営業時間:11:00~14:00/18:00~23:00

まとめ

今回はトンロー通りのラーメン店「自家製生麺のぶ屋」をご紹介しました。

正直、ラーメンはそこまでたくさん食べてこなかった人生なので、めっちゃまずいか美味しいかの二択しか無いんですが、まあ美味しかったです。

魚介の旨味をしっかり感じられるスープは結構好みでしたので、魚介系が好きな方はしっくりくるかもしれません。

周辺にはいくつかの飲み屋もありますので、シメに訪れるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました