タイ生活情報|タイでパスポートの更新とビザスタンプの移し替え(切り替え)をする手順

タイ生活情報

コロナで日本に帰れなくなり気が付くと早1年半…。パスポートの期限が迫っているので、年末年始に帰国できたら更新しないとなあ。

などと考えていたところ、総務のお姉さんからビザ更新のためのパスポート期限が足りないとのお知らせが。

6月中に更新してください。との事だったので、先日行ってきました!

行く前にネットで色々調べたのですが、タイ国内でのパスポート切り替え情報が意外と少なかったので、今回まとめておく事にしました。

タイでパスポートを更新する手順

タイでパスポートを更新する際は以下の手順で手続きを進めます。

  1. 在タイ日本大使館で切り替えの申請
  2. 新しいパスポートの受け取り
  3. イミグレーションでビザスタンプの移し替え

まずは、日本大使館での切り替え申請と受け取りまでの流れをご説明していきます。

在タイ日本大使館で更新手続きの際に必要なもの

まずパスポートを更新する為には以下の赤枠の中の条件が該当していなければなりません。

色々条件があるので、ノリで切り替えるとかはできないんですね。まあそんな事する人いないと思うけど。
そして「切替」で必要なものは以下の通り。

  • 一般旅券発給申請書
  • 証明写真(4.5㎝×3.5㎝)×2枚
  • パスポート原本
  • (旅券申請同意書(未成年や何らかの理由で一般旅券発給申請書へ記入できない場合))
  • (旅券損傷に至った理由書(パスポートを損傷した場合))

5つのうち下の2つは該当者のみですが、上の3つは全員準備しなければなりません。

一般旅券発給申請書は、日本大使館内にあるので、着いてから記入すると良いでしょう。

申請書には本籍地の住所記入欄もあるので、本籍地の住所を覚えていない方は事前に調べておきましょう。

ちなみに私は必要書類の準備の際に何故か新規の欄を見ており、日本から戸籍謄本まで取り寄せたのに使わなかったというオチです。お父さんお母さんごめんなさい。

必要なものは変更になる可能性もあります。詳しくは在タイ日本大使館の公式HPをご確認ください。

かかった費用と日数

費用は4,650バーツでした。

5年の場合は3,200バーツのようです。

これらの手数料は、新しいパスポートを受け取る時に支払います。

かかった日数は4営業日でした。

手続した日に受け取り用の用紙を貰うので、忘れずに持って行きましょう。

わかんないけど日本よりも手続きがスピーディーな印象です。

ビザスタンプの移し替え方法

ということで新しいパスポートを無事に受け取りました!

新しいデザインは査証ページが浮世絵になっていてかっこいい!スタンプ押したくない!笑

次は古いパスポートに記載してあるVISAのスタンプを新しいパスポートへ転記する手続きをしなければなりません。

これ、調べても日本語でまとめてくれている人があんまり見つからなくてとても不安でしたが、いざやってみるとめちゃくちゃ簡単でした。

ビザスタンプの移し替え手続きを行う場所

ビザスタンプの転記は、自分がビザを取得した場所で行えます。

バンコクの会社で働いている方は、チェーンワッタナーのイミグレーションか、MRTサムヤーン駅前のチャムチュリースクエアの方が多いでしょう。

チェーンワッタナーのイミグレーション


チェーンワッタナーのイミグレーションへ行く場合は、私はいつもBTSモーチット駅からタクシーを利用します。(バスやモーターサイでもアクセス可能)

タクシー代は大体130~150バーツくらい。所要時間は30分強です。
人によっては「イミグレーション」が通じない場合がありますが、その場合は「ビザ!パスポート!」などの関連ワードを言うとわかってくれるケースが結構ある。

チャムチュリースクエアのBOIのOne stop service center


こちらで手続きができるのはBOI企業の方のみになります。
MRTサムヤーン駅直結なので、アクセスしやすいです。
ここではVISAやWP以外にリエントリーの取得なんかもできるみたい。いいなあ。

手続きに必要なもの

手続きに必要なものは、大使館から貰える案内用紙に書いているのですが、なぜかそこだけ英語です。以下必要なもの日本語解説付き。

  1. Transfer stamp to new passport form(イミグレーションにある手続き用紙)
  2. Certificate from Embassy(パスポート更新時に大使館から貰える証明書)
  3. Copy of former passport with your photo(旧パスポートの顔写真ページコピー)
  4. Copy of new passport with your photo(新パスポートの顔写真ページコピー)
  5. Copy of last arrival stamp in your passport(最後の入国スタンプページコピー)
  6. Copy of VISA stamp in your passport(ビザページのコピー)
  7. Copy of last extend VISA in your passport(最後にビザを更新したページコピー)
  8. Copy of TM card(出国カード(TM6)のコピー両面)

コピーした用紙は空白部分に自分のサインをしておきましょう。

万が一コピーするページが足りなくても、イミグレーションでコピーして貰えます。(人によっては敷地内の有料コピー屋を利用するように言われるかも)

私は6番が足りなかったのですが、その場でコピーして貰えました。

あ、もちろん新旧パスポートの原本も持って行ってくださいね!

イミグレーション内での手続き手順

前述の1番は、オンラインで事前に印刷して持って行こうと思ったのですが、どうもこの書類は現地でしかもらえない感じです。

書類はこんな感じ。この画像を見せたらすぐにもらえました。

なので、まずはイミグレーションで書類を貰いましょう。

番号札は書類が揃っていないと貰えないので、書類を記入したらMゾーンの右奥のブースへ提出し、番号札を貰いましょう。

あとは自分の番号が呼ばれるのを待つのみ。もうちょっとです。

結構サクサクと進むのでここまでは30分くらいしかかかりませんでした。

書類チェックやビザスタンプの捺印などの手続きが進み、これで完了かと思いきや「これからチェックするから番号が呼ばれるまで待っていて。あなたはM2の35だから覚えておいて」と伝えられました。

そしていつ呼ばれるかわからない状態でトイレにも行けず約2時間。

番号じゃなくて大声で名前呼ばれました。笑

これで無事に手続き完了です。

かかった時間と費用

タイミングが悪くお昼休憩を挟んでしまったのですが、お昼休憩を除いて3時間くらいかかったのではないかと思います。

費用はかからず無料でした。

まとめ

今回はタイ国内でのパスポート切り替えと、ビザスタンプの移し替え方法についてご紹介しました。

調べると、90日レポートの代行とかをやっているコンサル系の会社でイミグレの部分だけ代行してくれる業者もあるみたいです。

どれくらい費用がかかるかわかりませんが、交通費とか時間の事を考えると代行した方が気楽なのかな?とも思いました。

ただ、めちゃくちゃ簡単だし無料なので、時間がある方はご自身でやられてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました